コラム 吉岡 秋庭の秋

投稿日:

読書の秋

こんにちは。

横浜市を拠点に交通誘導警備を行っております、株式会社イージス代表の吉岡忠です。

 

10月も後半。

だんだん秋も深まってきましたね!!

 

さて、そんな訳で読書の秋です(^^)

 

草薙龍瞬さん著

 

『反応しない練習』

 

という本をご紹介したいと思います。

著者の草薙さんは仏教徒です。

仏教徒、と言いますとお寺のお坊さんを想像する方も多いと思いますが、この方は宗教法人には属しておりません。

 

 

仏教が独特の発展をしてきた為、日本では仏教=宗教という認識をしている方が多いと思いますが、インドで生まれた仏教は仏の教え=哲学です。

(欧米ではBuddhisumと呼ばれています)

 

 

草薙さんも

 

『もっと人の幸福に役立つ合理的な仏教

 

を志向してお寺を運営するのではなく、NGO活動や幼稚園の運営、講演などを中心に活動されているとの事です。

 

 

スリランカ出身で日本で『仏の教え』を伝える活動を続けるアルボムッレ・スマナサーラ長老。

 

私はこの人の著作を何冊か読んで仏教が宗教ではなく、極めて合理的な心理学・哲学・科学に類するものであると知りました(この方の本もオススメです!!)

 

 

さて、その草薙龍瞬さんの『反応しない練習』ですが、読んでみて非常に勉強になりました。

 

 

日々、何かが起こる度に心に起こるさざ波。

 

 

その度に心が乱され、本来の自分自身を保つ事が難しくなります。

 

 

まだまだ未熟なもので私自身、何かが起こる度に本来すべき事が手つかずになったり、必要以上に不安になったり怒りを感じたりして、心が『いま』から離れてしまう事が多々あります。

 

 

しかし人は心の平安を得、目の前の物事に集中する為に『いま』に居続ける事が大切です。

 

 

この本で著者は『いま』に居る為には『感覚に集中すること』が大切だと唱えています。

 

呼吸に集中する

散歩中なら地面を踏んでいる足の裏の感覚に集中する

 

・・・など。

 

 

身体の感覚に集中することで、頭の中にある妄想を墜駆できる、と。

 

 

そう。

 

不安も心配事も、悲しみも怒りも、全て頭の中にある妄想でしかないのです。

 

だからこそ身体の感覚に集中する。

 

そうする事で『いま』から離れずにいる事ができます。

 

考えてみて下さい。

 

『過去』も『未来』も、全て脳みその中にしか無いのです。

 

常に『いま』しかありません。

 

だとすれば、不安も心配も、怒りや悲しみも、すべて脳内で自己生成しているに過ぎません。

 

 

身体感覚に意識を集中し、『いま』に帰る。

 

 

心に波が立つのは、ありもしない『過去』『未来』に執着するからなんですね。

 

手放すことが出来れば、ただ『いま』に帰ることができる。

読書は一つの旅のようですね!

非常に為になる本でした。

 

ただいま!

株式会社イージス
〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡2-3ベルウッドビル302
電話:045-620-7706 FAX:045-620-7787


警備員 求人募集

この記事を書いた人

カテゴリー コラム, 吉岡, 秋庭の秋

関連記事

令和

令和

  こんにちは! 神奈川県横浜市神奈川区を拠点に交通誘導警備を行っております、株式会社イー …

台風の爪痕

台風の爪痕

こんにちは! 神奈川県横浜市神奈川区を拠点に交通誘導警備・イベント警備を行っております、株式会社イー …

【お散歩】ランドマークタワー登ったの、高校生の時以来2度目だわ。

【お散歩】ランドマークタワー登ったの、高…

  そんなワケで、6/15(土)は『寝違い』からの『トホホ』だったんですよ。   …