イベント警備 コラム 交通誘導警備 吉岡

投稿日:2019年4月25日 更新日:

【四法印】一切皆苦 (横浜・警備)

こんにちは!

神奈川県横浜市神奈川区を拠点に交通誘導警備・イベント警備を行っております、株式会社イージス代表の吉岡忠です。

 

 

お釈迦さんは言いました。

 

人生は『苦』である

と。

 

ネガティヴ。

お釈迦さんネガティヴ(笑)

 

でも、お釈迦さんは人々に幸せな生き方をして欲しいと願い、本当のことを言っていただけなんです。

 

一切皆苦

 

人生、すべては思い通りにならない事ばかりだという事です。

 

 

この世に生を受けたのは貴方の意思に因るものではありません。

加齢してゆくことも、生まれた瞬間から定められています。

肉体の自律運動も自然の領域です。

ずっと生きていたいと思っていても、死を免れなかった人間はこの世に居ません。

愛する人との別れは、いつかやって来ます。

憎い人と会わずに一生を終える事は不可能です。

欲しいもの全てを得る事は出来ません。

肉体の感覚から逃れる事は出来ません。

 

 

かように、この世に生を享けるということは『苦』を運命づけられるという事でもあるのです。

苦を運命づけられてこの世に生まれるとは、何だか人生というのは修行のようですね。

 

「人生は、重荷を背負いて山道を行くが如し」とは、徳川家康公の言葉ですが。

まさに人生は修行なんです。

 

修行にはゴールがあります。

人生が修行ならば、人生にもゴールがある筈です。

 

幸福を得ること。

 

このゴールは生きとし生けるもの全てに共通するゴールです。

 

この世に存在する全ては、対概念で成り立っています。  

 

『上』があるから『下』があり、

『縦』があるから『横』があり、

『闇』があるから『光』がある。

 

何かの概念が発生したら、必ず反対の概念が発生するというのはこの世の真理です。

 

『幸福』の反対は『不幸』。『苦』の反対は『安楽』。

『不幸』を知らなければ『幸福』を知る事が出来ません。『苦』を知らなければ『安楽』知る事も出来ません。

 

つまり幸福を得るためには『苦』や『不幸』を体験する必要があるから人間は『苦』を背負って生きてゆくのです。

『苦』や『不幸』という素材を錬磨してゆき、『幸福』という宝珠に変えてゆく。それが人生という修行なのではないかと思います。

 

だから『一切皆苦』というのは、換言すれば"この世の一切は、全て幸福を得る為の材料なんだよ"という事でもあるのです。

 

でも、どうやったら『苦』を『幸福』に変える事が出来るのでしょうか?

 

 

この世に生を受けたのは貴方の意思に因るものではなく、

加齢してゆくことも生まれた瞬間から定められていて、

肉体の自律運動も自然の領域であり、

ずっと生きていたいと思っていても、死を免れない。

愛する人との別れはいずれやって来るし、

憎い人と会わずに一生を終える事は不可能であり、

欲しいもの全てを得る事も、

肉体の感覚から逃れる事も出来ない。

 

 

という事実を目を逸らさずしっかりと観る。すべては思い通りにならない、という真理を認識するという事です。

その真理(ほんとうのこと)を認識することが、幸福を得る為の第一歩であると。

 

一切皆苦。

 

お釈迦さんは人々が幸福になる事を願い、そう説いていたのです。

株式会社イージス
〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡2-3ベルウッドビル302
電話:045-620-7706 FAX:045-620-7787


警備員 求人募集

この記事を書いた人

カテゴリー イベント警備, コラム, 交通誘導警備, 吉岡

関連記事

誇りとやりがい 2

誇りとやりがい 2

『誰にでも出来るお仕事です』   よく聞くフレーズですよね。 私はこれ、どうも苦手です。 …

「トホホ」記念日。

「トホホ」記念日。

  とある朝。 とある朝というか、今朝の話なんですけれども。     …

幸せます。 (横浜・警備)

幸せます。 (横浜・警備)

  こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に交通誘導警備・イベント警備を行っております、株式会 …