イベント警備 コラム 交通誘導警備 吉岡

投稿日:2023年4月9日

何度踏みつぶされても立ち上がる日本人。

こんにちは!

神奈川県横浜市を拠点に交通誘導警備・イベント警備を行っております、株式会社イージス代表の吉岡忠です。

 

2011年3月11日、東日本大震災。

大津波が押し寄せ、たくさんの方々が亡くなり、被災されました。

とくに被害が激しかったのが岩手県、宮城県、福島県でしょう。

横浜に住んでいる私は地震発生当時、テレビやネットでしか被害状況を知る事が出来なかったですが、津波によって壊滅した町の映像は衝撃的でした。

記憶に新しい方も多いでしょう。元のような町の風景に戻るまではかなりの時間が掛かるだろうことは容易に推察出来るほど、その惨状は凄まじいものがありました。

 

私は2019年に結婚をしたのですが、その前年の2018年5月、妻の実家へご挨拶に伺いました。

妻の実家は宮城県石巻市。

震災による被害が最も大きかった地域の一つです。

幸いにして妻の親族は命をさらわれた人はおらず無事だったのですが、家屋は津波の被害で床上まで浸水し、あらゆるものが流されたという事でした。

しかし驚いた事に家の中は建て替えたというわけでもないのに綺麗にされていて、とても7年前に津波被害に遭った家とは思えず、すぐそばに小学校もあるのですが、校庭では子どもたちが元気に走り回っており、街の風景も震災当時のあの惨状からは想像も出来ないほどきれいに整備されておりました。

人間の力というものを、日本人の強さを、まざまざと見せつけられたような思いをしたのをいまでも覚えています。

 

思えば、です。

日本人はこのような自然災害、または人災により何度壊滅的な被害に遭ってもそれこそ雑草のように立ち上がってきた歴史があるのです。

特に、大東亜戦争で焦土と化した国土からわずか20年足らずのうちに高度経済成長期を作り出すなどは奇跡というほかありません。

2018年、石巻に初訪問した時に、そんなことを思いました。

 

そして近年も、流行病によって日本はまた甚大な被害を被りました。

息子は2020年に生まれたのですが、その時は流行病騒動真っ只中で、人との接触や県外移動の自粛というおかしな事態がまかり通っており、妻の母は息子がまだ1か月経たないうちに産後の手伝いに横浜まで来てくれていたのですが、それ以降約2年半、息子(つまり孫)と会えていません。妻の父(おじいちゃん)とは生れてまだ一度も会えていないのです。

あれから3年。騒動は終わり、飲食店や催し事もほぼ通常通りに戻ってきています。

ですので近いうち、石巻のおじいちゃんとおばあちゃんに会いにゆきます。

息子にとっては初対面。

そして息子がもうすこし大きくなったら、おじいちゃんもおばあちゃんも、多くの悲しみを生んだ大変な災害を頑張って乗り越えて来たんだよ、と伝えようと思います。

石巻に行くのが、いまから楽しみです。

株式会社イージス
〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡2-3TRUST BUILDING YOKOHAMA302
電話:045-620-7706 FAX:045-620-7787


ただいま警備員・ガードマン求人募集情報を掲載中!

この記事を書いた人神奈川県横浜市を拠点に交通誘導警

カテゴリー イベント警備, コラム, 交通誘導警備, 吉岡
-, , , , , ,

関連記事

今年もお世話になりました!!

今年もお世話になりました!!

こんにちは!! 神奈川県横浜市神奈川区を拠点に交通誘導警備・イベント警備を行っております、株式会社イ …

オンライン飲み会サービス『たくのむ』

オンライン飲み会サービス『たくのむ』

こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に交通誘導警備・イベント警備を行っております、株式会社イージスの阿 …

オンリーワンはナンバーワン

オンリーワンはナンバーワン

こんにちは! 神奈川県横浜市を拠点に交通誘導警備・駐車場警備を行っております、株式会社イージス代表の …

採用情報 ブログ